腰痛改善グッズを使用すれば痛みから解放される

婦人

手軽にできる民間療法

腰痛

ペットボトルでお灸効果

辛い腰の痛みをやわらげる腰痛改善グッズは各種揃っていますが、ペットボトルも身近な腰痛改善グッズになります。用意する物は、ホット用のペットボトルと、中に入れるお湯だけです。これはお灸に則した民間療法ですが、モグサによるお灸と違って火を使わないため、1人でも手軽にケアできます。ペットボトルに入れるお湯の温度は概ね60度から70度が目安になりますので、オレンジ色のキャップが付いたホット用のペットボトルを使います。通常のペットボトルでは、お湯を入れると変形などして危険ですので、腰痛改善グッズとして代用しないようにしましょう。また、アルミ缶などは熱の伝導率が高過ぎて、火傷をする可能性がありますから、金属製の缶も使用を控えてください。そして、ペットボトルを使った温灸のやり方ですが、お湯を入れて蓋をしっかり閉めましたら、ツボに当てていきます。ツボに当てる際は素肌に直接当てますが、熱さを覚えましたら、次のツボに当てましょう。とにかく我慢はせず、熱く感じたら直ぐに肌から離して、長時間当て続けないことがコツです。また、同じツボに当てるのは3、4回ほどにして、それ以上は当てないようにします。ペットボトルなら面積が広いため、本物のお灸のように、ピンポイントでツボを狙わなくても良いので簡単です。この腰痛改善グッズなら、手軽に入手できますから、いつでも気軽に始められます。しかしながら、ギックリ腰などの場合は余計に痛む場合があるため、痛みのある腰の部分へは直接当てないようにしましょう。